ブログパーツ

一般派遣、特定派遣、紹介予定派遣それぞれの特徴とは

派遣の雇用形態は大きく分けて3つの形態に分類されます。
一般派遣、特定派遣、それと紹介予定派遣の3つです。
それぞれの雇用形態にメリット・デメリットがあります。
このような点だけでなく、自分の職歴、資格、スキルなどについても考えた上で、それぞれの適正に合ったワークスタイルを決めるのがいいでしょう。
ここでは3種類の働き方について解説します。

最初に、一般派遣についてです。
派遣社員と呼ばれている派遣はこの形態のことです。派遣元に登録をしてから、予め定められた期間、派遣先企業に派遣されて勤務する雇用形態を指します。
一般的に契約期間は延長される場合もあり、本人の意向があれば派遣先でさらに就労することが可能です。加えて、契約期間が終わった際は退職もできます。
一般派遣ですと初めて経験する業界の仕事でも紹介してもらえることがあるので、挑戦してみたい職場や初めての仕事内容の仕事に就くことができ、スキルを積むことができるというとても魅力的なポイントがあるのです。
派遣先の会社から、正規雇用としての雇用を提案されることも珍しいことではないようです。

次に、特定派遣についてです。
派遣会社に直接正社員や契約社員としてまず雇用され、そこから別の企業に派遣されて派遣先の企業で勤務するという働き方です。
特定の技術や資格、経験がある場合に向いています。
それまでの経験を活かすことができる就業先や職種で勤務することができますし、人材派遣会社の正規雇用として勤務することができるので安定が得られる形態である点が特長です。

最後に、紹介予定派遣について。
紹介予定派遣という派遣の形態は、派遣先で勤務し、契約期間終了後、派遣先企業で正社員として直接雇用されるものです。
いずれは正社員として働きたいと考える方にお勧めしたい形態です。
未経験のという人でも就労先を紹介してもらえる場合があります。
ただ、こういった紹介予定派遣である場合も、スキルや資格、職務経験のある方のほうが、資格や経験を活かせる派遣先企業を紹介してもらいやすいと言えるでしょう。
さて、一通りご紹介したように派遣社員の雇用形態は3つに分けることができますが、通常は給与面では賞与を抜きに考えれば社員と大きな差は見られないものだと言えますし、条件を満たせば社会保険にも加入ができますから、安定してお仕事ができます。